呼吸を意識して腹部からす・・・

ども!呼吸を意識して腹部からするだけでも、私たちは痩せるそうです。体が締るストレッチとしては大きく呼吸しながら肩甲骨を動かすことが効果的だと聞きました。肩こりにも有効なのですが、両腕を上の方へまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は空に向けたまま、肘を曲げて身体の後ろに下げていきます。この時に息を吐きだして肩甲骨をキュッとさせるイメージです。

健康管理のため、また、ダイエットのために、ファスティングを実行する人が増加傾向です。しかし、ただ食べないという方法では健康状態が悪化してしまいます。特に自分の尿サンプルを検査してケトン体が発見された場合は、栄養不足の状態が示されているので、栄養不足にならないように上手にファスティングを行うことが重要です。痩せようとしている間、私がどうしても甘い物への欲求を抑えきれなくなった時に摂取する食べ物は、ずっと変わることなく寒天です。寒天はお好みの味付けにできるので、飽きずに食べられます。特に、缶詰のみかんを入れた牛乳の寒天と、味をつけてない角切り寒天にきなこをたっぷりかけて黒蜜をちょっぴりたらしたものが大好物です。中年になり老人になるとともに酵素は肉体内から失われるので、酵素を飲むのが体のためにはいいんだと信じて、高い酵素飲料を買っている顔なじみの人がいます。その仲間に直接は言えませんが、たんぱく質主体の酵素というと一口でいってもありとあらゆる種類があるわけで、単に酵素が含まれるドリンクを摂取したところでそれほど効かないと思うんですよね。お昼休みに職場の知り合いが「ファスティングの有効性ってすごいのよ」と話し始めたのですが、私は「断食」というのが何かわからなかったので、「すごいね」と右から左に流してしまいました。あとでネットで調べてみたら、ファスティングって自分の意思で空腹を我慢することだったんですね。食事をぬくダイエットの効果についてちゃんと聞く姿勢になればよかったです。

ダイエットを成功させるためには息の上がる程度の運動と筋トレです。遅筋という筋肉は有酸素運動をするときに主に使われるのですが、筋トレで使用するのは速筋が鍛えられます。ご存知かもしれませんが、遅筋は成長しにくく、マッチョみたいになりにくい筋肉です。この、遅筋と速筋の両方を同時に鍛えると、イメージ通りのスタイルになります。ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です